ビジネス通訳検定

ビジネス通訳検定

ビジネス通訳検定(TOBIS)とは、特定非営利活動法人通訳技能向上センターが行っている
検定試験のことです。

ビジネス通訳とは、ビジネスの現場において通訳できる技能のことで、国際社会となった今、
ビジネス通訳検定は大変な注目を集めています。

通訳の仕事に活かせる資格に、国家資格の「通訳案内士試験」がありますが、通訳技能を
判断できる資格というのは、残念ながら存在しないのが現状です。

ですから、ビジネス通訳検定の資格を取得しておけば、語学を活かした職業へ就職するときに
有利となるでしょう。

ビジネス通訳検定は2級から4級までの判定試験になります。

筆記試験と逐次通訳試験が行われ、その試験の出来具合によって2級から4級の範囲内で
級が決定します。

そして、2級の上の1級ともなると、同時通訳試験が加わります。

1級では、より難易度の高い通訳力が要求されるので、語学力をいかにして磨くかが合格の
ポイントになるでしょう。

ビジネス通訳検定の受験資格ですが、特に設けられていません。

ですから、語学に自信のある方なら、誰でも受験することができます。

そして、ビジネス通訳検定を受検すると、個別コメントも受け取ることができます。

個別コメントをもらうと、どの部分を苦手としているのかが理解できるようになるので、
受験後は、どのように語学を勉強すれば良いのか、参考にすることができます。