救急法救急員

救急法救急員

救急法救急員とは、人命を救助するために、応急手当のなどの知識を
習得している方のことです。

ですから、救急法救急員の資格を取得しておけば、いざというときに
頼れる人材として認めてもらうことができるでしょう。

救急法救急員の資格は、日本赤十字社が行っている講習を受け、その後、
検定に合格した方に与えられます。

日本赤十字社は日本各地に支部があり、支部ごとに講習を開いています。

ですから、自宅からでも通える講習があるでしょう。

救急法救急員講習の受講資格は、満15歳以上の方に与えられます。

ですから、応急手当を学んでおきたいという高校生以上の方は、
救急法救急員の講習を受講することができます。

また、日本赤十字社では救急法救急員講習以外に、

・水上安全法救助員
・雪上安全法救助員
・幼児安全法救助員
・健康生活支援

の講習も行っています。

ですから、自分にとって必要だと思う講習は、受けておくと良いのでは
ないでしょうか。

気になる講習料ですが、どの講習も2,000円程度あれば受けることができます。

また、短時間で受けられる講習もあるので、忙しい方でも資格を取得することが
できるでしょう。

大変気軽に受けられる講習もあるので、救急法について知識を習得しておきたい方は、
ぜひ参加してみてください。