オーガニックコーディネーター

オーガニックコーディネーター

オーガニックコーディネーターは、財団法人職業技能振興会が行っている
民間認定資格になります。

現在、農薬や化学物質、合成食品添加物、産地偽装など、残念なことに、
食品に関する様々な問題が起こっています。

そして、食品だけではなく、生活用品まで、その問題が広がりつつあります。

そこで活躍するのがオーガニックコーディネーターです。
この資格を取得すると、オーガニック商品を取り扱うスペシャリストに
なることができます。

オーガニックコーディネーターには中級(オーガニックコーディネーター)と
上級(マスターオーガニックコーディネーター)の2つがあり、1年間に3回試験が
行われています。

受験資格は、オーガニックコーディネーターには設けられておらず、
マスターオーガニックコーディネーターはオーガニックコーディネーターに、
合格していることが条件になります。

また、オーガニックコーディネーター(中級)よりも、難易度の低いオーガニック
ベーシック(基礎)とオーガニックアドバイザー(初級)の試験も設けられているので、
徐々にステップアップしようと考えるなら、基礎からの受験がオススメです。

オーガニックコーディネーターになる近道は、通信教育などでしっかりと
学ぶことにあります。