ビオトープ管理士

ビオトープ管理士

ビオトープ管理士とは、財団法人日本生態系協会が認定している資格です。

ビオトープとは、生物が生息している場所のことを差して言うようですが、
明確な定義というのはありません。

そこに住む生物を取り巻く環境のことをビオトープと呼ぶ場合もあり、
生物の生態系を維持するため、現在、様々なビオトープが作られています。

ただ、学校の校庭にある花壇や飼育小屋など、教育の一環として作られている
田んぼも、ビオトープとは呼びません。

どちらかというと、ビオトープは、自然に近い形で運営されているものです。

教育上作られた田んぼをビオトープにするなら、田んぼに生息している生物を
自然に近い形で生息させる必要があるかもしれません。

これほどに定義が曖昧なので、ビオトープ管理士の資格が注目されています。

ビオトープ管理士とは、人と自然が共存する社会を実現する技術者のことです。
資格を持っていると、環境省の入札参加資格審査申請に有利になります。

また、国土交通省などの各地行政機関に入札するとき、ビオトープ管理士の
資格を持っていることが入札用件になっています。

ですから、ビオトープ管理士は、大変注目されていて、資格を持っていれば、
就職や転職に有利になります。