C言語プログラミング能力検定

C言語プログラミング能力検定

C言語プログラミング能力検定とは、C言語を活用して応用プログラムを
作り出す能力を判断する検定になります。

C言語プログラミング能力検定に合格して資格を取得すれば、C言語の
プロフェッショナルとして認めてもらうことができます。

C言語プログラミング能力検定は、サーティファイ情報処理能力認定委員会が
実施している検定で、民間資格になります。

C言語は現在、最も普及しているプログラミング用語なので、このC言語が
使えることを証明できる資格を取得すれば、コンピュータ社会において就職や
転職に有利になるでしょう。

C言語プログラミング能力検定は、3級から1級まであります。

3級ではC言語を理解して簡単なプログラムが作成できるか?

2級では小規模のプログラムが適切に作成できるか?
また、各種基本アルゴリズムを理解しているかが問われます。

1級ともなると、C言語を使いこなし、応用プログラムが作成できるかどうか?
また、使っているOSについての知識が問われます。

ですからC言語のプロフェッショナルになるなら、1級所得を目指すと
良いでしょう。

C言語プログラミング能力検定の受験資格は、特に設けられていません。

ですから、誰でも取得できる資格だと考えて良いでしょう。

出題型式は3級、2級が筆記試験。
1級が実技試験になります。