DTPエキスパート

DTPエキスパート

DTPエキスパートとは、社団法人日本印刷技術協会が行っている認定試験です。

DTPエキスパートの試験では、DTP業務に関する総合的知識が問われます。

DTPとは、パソコン上で出版物のデザインやレイアウトを行い、データを印刷所に
持ち込んで出版するという一連の作業のことです。

ですから、DTPエキスパートでは、印刷に関する知識のほか、パソコンを使った編集、
デザインの知識、色の知識なども問われます。

そして、エキスパートの資格は、編集者やデザイナーを目指す方から大変注目を
集めています。

出版物を印刷して世に送り出すにはDTPが不可欠ですから、出版業界を目指している
方はDTPエキスパートを取得しておくと良いでしょう。

試験は、3月と8月、一年間に2回行われます。

受験資格は、特に設けられていません。

ですから、DTPに興味のある方なら、誰でも受験できると考えて良いでしょう。

ただ、DTPエキスパートは認証期間が設けられていて、取得した2年後には、
更新試験を受けなければなりません。

DTPエキスパートの受験対策ですが、学校に通って勉強すると良いでしょう。

DTPエキスパートに関する講座は、教育訓練給付金制度の対象になっています。

ですから、教育訓練給付金制度が受けられる方なら、学校に払った費用の一部が
後から戻ってきます。