EC実践能力検定

EC実践能力検定

EC実践能力検定とは、日本商工会議所が行っている検定で、民間資格になります。

現在はIT社会となり、様々なところでインターネットが使われています。

ですから、インターネットに精通している方が現代社会では必要となり、
EC実践能力検定が設けられたようです。

EC実践能力検定のECには、電子商取引だけでなく、電子コミュニケーションの
意味も含まれています。

ですから、EC実践能力検定を受けて合格すれば、ネットワーク社会に対応できる
人材として認めてもらうことができるでしょう。

EC実践能力検定では、ネットワーク関連の基礎知識のほか、連絡調整ができる能力、
セキュリティ管理能力などが問われます。

更に、法的知識や電子認証に関する知識、そしてサーバーやモバイル端末に関する
知識も試されるでしょう。

EC実践能力検定は、1級から3級まで設けられています。
3級の受験資格は、特に設けられていません。

ですから、誰でもEC実践能力検定3級にチャレンジすることができるでしょう。

EC実践能力検定2級を受験するには、EC実践研修「基礎コース」を受講して
いなければなりません。

EC実践能力検定1級を受験するには、2級に合格していて、尚且つEC実践研修
「応用コース」を受講していなければなりません。

級によって受験資格が異なってくるので、EC実践能力検定にチャレンジしたい
方は受験資格を必ず確認してください。