IT活用能力検定試験

IT活用能力検定試験

IT活用能力検定試験とは、公益社団法人全国経理教育委員会が行っている
検定試験です。

今の時代、会社ではコンピュータ化が進み、デスクの上にはパソコンが乗って
いるのが当たり前になっています。

それだけに、ITをきちんと活用できる人材が求められていて、IT活用能力検定
試験が注目を集めています。

IT活用能力検定試験は3級から1級まであり、筆記試験で行われます。
パソコンを使って試験が行われるといったことはありません。

3級では、高校で情報A、B、Cのいずれかを学んでいて、ITに関する基礎知識を
持っていること、そして、与えられたツールを活用して情報を収集したり、
集めた情報を整理する能力が試されます。

2級では、ルールを守りながらネットワークを活用することができるほか、
問題解決のためにコンピュータの能力を活用したり、IT技術を使った情報収集、
そして集めた情報を整理する能力が試験されます。

1級では3級、2級の知識や技術を踏まえ、プレゼンテーションのできる能力が
あるかどうかを試されます。

IT活用能力検定試験の資格を取得しておけば情報化社会で重宝される人材に
なることができるでしょう。