マルチメディア検定

マルチメディア検定

マルチメディア検定とは、財団法人画像情報教育振興協会が行っている
検定試験で、コンピュータやその周辺機器、インターネット、デジタル
コンテンツ、知的財産権など、マルチメディア社会において、幅広い知識を
持っているかどうかを判断されます。

マルチメディア検定には、ベーシックとエキスパートの2つがあります。

以前は3級、2級と呼んでいましたが、現在では3級をベーシック、2級を
エキスパートと呼んでいます。

マルチメディア検定のベーシックでは、マルチメディアの扱い方に関する
基礎知識、ネットを活用したコミュニケーション技術の基礎知識などが
問われます。

そしてマルチメディア検定のエキスパートでは、ベーシック以上の専門的知識が
問われます。

ですから、仕事で資格を活かそうと考えたら、エキスパートを取得しておくと
良いでしょう。

マルチメディア検定は、併願受験が可能です。

財団法人画像情報教育振興協会が行っている検定試験なら1日で最大4種類の試験を
併願することができます。

財団法人画像情報教育振興協会が行っている検定試験には、CGクリエイター検定、
CGエンジニア検定、Webデザイナー検定、画像処理エンジニア検定もあるので、
短期間で資格取得を目指すなら、併願は考えるべきでしょう。