家電製品アドバイザー

家電製品アドバイザー

家電製品アドバイザーとは、家電を購入するお客様からの相談などを受け付ける
業務に携わる方を対象とした資格です。

財団法人家電製品協会が実施している検定試験で、この資格を取得しておくと、
家電を販売する上で役立てることができます。

現在、様々な家電が登場し、その使用方法も複雑化しているので、お客様は
どのような家電が良いのか、また、どのように使うのか使い方が分からないと
悩んでいる現状があります。

その悩みに適切に対応できるのが、家電製品アドバイザーです。

家電製品アドバイザーと似た資格に家電製品エンジニアがあり、家電製品
エンジニアは、家電製品の接続や故障の修理などに携わっている方を対象とした
資格になります。

ですから、家電量販店などに勤務している方は、家電製品エンジニアと家電製品
アドバイザーの両方の資格を取得しておくと、活躍の幅が広がるでしょう。

家電製品アドバイザーの試験ですが、家電製品エンジニア同様、9月と3月、
年2回行われます。

そして、家電製品エンジニアには生活家電とAV情報家電の2つがあり、この両方を
1日で受験することもできます。

費用は生活家電のみ、あるいはAV情報家電のみを受ける場合は9,230円ですが、
2つ同時に受験すると、15,410円になります。