樹木医

樹木医

樹木医とは、簡単に言うと樹木のお医者さんです。

樹木も人間同様、病気になることがあります。

ですから、病気を診断し、治療する樹木医が必要になるのです。

現在、地球環境破壊が問題になっているので、樹木医が大変な注目を集めています。

大切な森林を守る役割を果たす樹木医は、これからも大変必要とされるので、
資格を取得しておけば収入に繋がるでしょう。

樹木医の資格は、財団法人日本緑化センターが実施している資格試験に合格しなければ
なりません。

そして、試験を受けるためには、受験資格をクリアしておく必要があります。

受験資格は、樹木の保護や管理、診断といった業務に携わった経験が7年以上あり、
樹木医研修を受けた方に与えられます。

ですから、樹木医は簡単に取得できる資格とはいえないでしょう。

しかし、樹木医の資格を取得すれば、定年後も活躍することができます。

また、樹木医補という資格もあり、こちらは樹木の保護や管理、診断といった業務に
携わった経験が1年以上あり、樹木医研修を受けた方に受験資格が与えられます。

ですから、まずは樹木医補を目指し、その後に樹木医の資格を取得すると良いでしょう。

試験は、第1次審査で研修受講生を選抜し、第2次審査で2週間の講習を受け、その後、
筆記試験と面接、資格審査を受ける流れになります。