セールススキル検定試験

セールススキル検定試験

セールススキル検定試験とは、自分がどのくらいの営業力を持っているのかを
試される試験です。

特定非営利活動法人セールスコーチング協会が行っている検定試験で、セールススキル
検定試験に合格すれば、ある一定の営業力を持っているということが認められます。

営業という仕事は、どんなに機械化が進んでも、人間にしか出来ない仕事でしょう。

機械が人の心を読み、そして効果的なプレゼンテーションを繰り広げることが
できるでしょうか。

営業は、どんなに不景気な世の中であっても必要とされる人材であり、どんなに世の中に
パソコンが普及しようと無くなることのない職業でしょう。

セールススキル検定試験には、3級、2級、1級があり、3級では、営業知識や基礎的な
コミュニケーション知識が問われます。

そして、セールススキル検定2級では、訪問方セールスの知識や電話を使ったセールス、
フォローアップセールスの知識が問われます。

1級ともなると、コンサルティングセールスやヒューマンアソシエーションの知識が
問われるので、しっかりと勉強する必要があるでしょう。

営業はトークが重要と誤解している方もいるかもしれませんが、営業はトークが
抜群であれば契約が取れるというものではありません。

お客様との信頼関係を築ける方が優秀な営業マンとして活躍することができるので、
セールススキル検定試験にチャレンジして営業マンに必要な知識を習得すると良いでしょう。