CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験は、社団法人コンピュータソフトウエア協会が行っている試験で、
民間資格になります。

ですからCAD利用技術者試験に合格していなくてもCADを使うことはできます。

しかし、CADを使いこなすには専門知識が必要になるでしょう。

ですから、CAD利用技術者試験は取得しておいて損の無い資格です。

CADとは、コンピュータを使って製図をすること、あるいはそれに使うソフト
のことを指して言います。

ですから、CAD利用技術者試験に合格しておけば、設計に関する仕事をすることが
できるでしょう。

CAD利用技術者試験には、

・CAD基礎試験
・CAD2級
・CAD1級
・3DCAD2級
・3DCAD準1級
・3DCAD1級

があります。

最も簡単なのはCAD基礎試験で、基礎的な知識をまずは習得したい方に
オススメの試験です。

CAD基礎試験の受験資格は特に設けられていないので、誰でも受験することが
できます。

ただ、申し込みはネットからのみの受付となるので、注意が必要です。

合格の目安ですが、全体の70パーセント以上の正解率になります。

ですから、CAD基礎試験に合格しようと考えたら、勉強する必要が
あるでしょう。

CAD基礎試験に合格すれば、在宅のCADオペレーターとして働くことも
できます。