画像処理エンジニア検定

画像処理エンジニア検定

画像処理エンジニア検定とは、財団法人画像情報教育振興会(CG−ARTS協会)が
行っている検定試験のことで、画像処理の技術に関係している知識やシステム開発の能力を
試されます。

画像処理エンジニア検定の資格を取得しておくと、画像処理の専門家として活躍することが
できるでしょう。

画像処理エンジニア検定には、ベーシックとエキスパートの2種類があります。

以前は2級、3級と呼ばれていましたが、現在では2級レベルはエキスパート、3級レベルは
ベーシックになっています。

受験料はベーシックが4500円、エキスパートが5500円という設定です。

そして画像処理エンジニア検定は、財団法人画像情報教育振興会(CG−ARTS協会)が
行っているほかの検定試験と併願受験することができます。

最大で4種類の検定と併願することができるので、短期間でコンピューター関係の資格を
取得したいという方は、財団法人画像情報教育振興会(CG−ARTS協会)が行っている
検定試験に注目すると良いでしょう。

財団法人画像情報教育振興会(CG−ARTS協会)には、コンピューターを使って仕事を
したいという方には、ぜひとも取得しておいたほうが良いと思える資格が豊富に揃っています。

現代はIT社会とも呼ばれていますから、財団法人画像情報教育振興会(CG−ARTS協会)が
行っている検定試験は、チェックしておいて損はないでしょう。