国家資格との違いについて

国家資格との違いについて

民間資格と国家資格の違いについて、述べておきます。

国家資格とは、業務内容や権利、義務について法律で決められている資格の
ことになります。

ですから、国家資格を取得しておかないと就けない職業というのは大変多く、
代表例としては医師や弁護士を挙げることができます。

難易度としては大変高く、大学や大学院へ通って勉強しなければなりません。
そして、試験に合格するために、たくさん勉強する必要があります。

しかし、国家資格を取得すると、就職には大変有利になります。

何しろ、その資格を持っていないとその職に就くことができないのが国家資格
ですから、難易度が高い分、持っていて全く損の無い資格だといっても過言では
ありません。

国家資格に対し、民間資格は、その資格を持っていなくてもその職業に就くことが
できる場合が多いようです。

医療事務なども民間資格で、その資格を持っていなくても、医療の現場で事務職に
就くことができます。

しかし、医療事務の資格を持っていたほうが、いざ就職や転職するとなったときには、
有利になります。

ただ、民間資格のことをよく分かっておかないと、資格詐欺に遭う場合があります。

民間資格は団体が独自に設けることができるので、資格詐欺に利用されやすいのです。